読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shin-Shiaとしての自叙伝

自分の気持ちを綴ります。

洋書を読むにあたって考えられること

洋書を読んでいた。

 

 

 

 

 

 

三分の一くらいは、読めたが、理解は、ほとんど出来ない。

 

 

 

 

 

 

日本語にしろ、英語にしろ、理解力はまだまだ、足りないということだろう。

 

 

 

 

 

 

自分の経験上、英語は、日本語を土台にして成り立っているように思える。

 

 

 

 

 

 

つまり、日本語が上手く使えないと、英語も上手く使えないという理論である。

 

 

 

 

 

 

発音に気をつけて、黙読はできるけど、なかなか理解することが難しい。

 

 

 

 

 

 

色々と試してはみた。

 

 

 

 

 

 

洋書に関しては、

 

 

 

 

 

 

まず、ハリーポッターシリーズ。

 

 

 

 

 

 

後に和書でも小説を読まないと判明し、断念。

 

 

 

 

 

 

次に、短編小説なら、、、

 

 

 

 

 

 

と思ったが、これも挫折。

 

 

 

 

 

 

自分の好きな和書の原著である洋書なら読めるだろうと思ったが、厳しく、

 

 

 

 

 

 

CD付きのオーディオブックも駄目。

 

 

 

 

 

 

そして、最後に行き着いたのが、

 

 

 

 

 

 

デヴィッド•R•ホーキンズの著作に行き着いた。

 

 

 

 

 

 

 彼の著作は、10作品程あり、その中でも、和訳されている著作は、わずか、2冊だけ。

 

 

 

 

 

 

もちろん、その2冊は読んだが、アメリカの精神科医が書き著したこともあり、面白い内容だった。

 

 

 

 

 

 

他の本も読んでみたい!という感情になり、

 

 

 

 

 

 

でも和訳されていない本だし、、、

 

 

 

 

 

 

そうだ!洋書で読んでみよう!

 

 

 

 

 

 

と思って、今読んでいる本が、彼の著した本

 

 

 

 

 

 

THE EYE OF THE I  である。

 

 

 

 

 

 

理解は全くできないし、挫折は何回かしたけれども、未だ諦められない作品だ。

 

 

 

 

 

 

最後まで、読み切るのが目標。

 

 

 

 

 

 

読みきった後に感じるものはなんなのか?

 

 

 

 

 

 

それは、わからないけれども、楽しみだ。