読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shin-Shiaとしての自叙伝

自分の気持ちを綴ります。

地震と瞑想と精神

今の状態を精神分析してみる。

 

 

 

 

 

 

まず、精神面から言うと、

 

 

 

 

 

 

作り上げられた自我に原因がある。

 

 

 

 

 

 

いわゆる、トラウマというやつなのかな?

 

 

 

 

 

 

それが、積もり積もって、爆発寸前だった。

 

 

 

 

 

 

ここでは、自我崩壊寸前状態と呼ぶ。

 

 

 

 

 

 

自我崩壊寸前状態と並行して、無意識的な瞑想状態に入った。

 

 

 

 

 

 

この瞑想状態から、

 

 

 

 

 

 

 

自我崩壊寸前状態と瞑想状態により、不安定となる。

 

 

 

 

 

 

ただ、肉体的には、健康であった。

 

 

 

 

 

 

しかし、東日本大震災による、身体的、かつ、間接的な影響により、

 

 

 

 

 

 

肉体的にも、知的にも、精神的にも、

 

 

 

 

 

 

崩れ去った。

 

 

 

 

 

 

これを、日本で知られている、禅病または、ヒンドゥー教圏などで知られているクンダリニー覚醒とでも言うのかな?

 

 

 

 

 

 

独断と偏見で、精神分析してみたけど、

 

 

 

 

 

 

大体、今の分析では、こんな感じかな?

 

 

 

 

 

 

まだまだ、理解は、浅いけど、なんの知識もなかった時に比べて、不安は、軽減していると考えられる。

 

 

 

 

 

 

まだ、理解を深めていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

あくまで、ここで述べていることは、勝手なイマジネーションだと思ってくれても良いです。

 

 

 

 

 

 

禅病とかを、体験したことのない人の観点から、言うと、

 

 

 

 

 

 

大丈夫?

 

 

 

 

 

 

と思ってしまうのも、無理はないと思う。

 

 

 

 

 

 

ただ、この状態が病気ではないのなら、

 

 

 

 

 

 

じゃあ、なんなの?となるのも、必然的ではないのか?

 

 

 

 

 

 

探求して、6年。

 

 

 

 

 

 

自己肯定的に考えると、上記のようになることを、ご了承下さい。