読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shin-Shiaとしての自叙伝

自分の気持ちを綴ります。

日本人として

僕には、留学経験がある。

 

 

 

 

 

 

本当は、日本に帰って来ないつもりだったし、

 

 

 

 

 

 

日本にいることに、全く意味を感じなかった。

 

 

 

 

 

 

早く、日本を出たかった。

 

 

 

 

 

 

でも、留学先で、決めたことがある。

 

 

 

 

 

 

それは、日本で生きていく!

 

 

 

 

 

 

と、決心したことだ。

 

 

 

 

 

 

たぶん、留学前は、現実逃避をしていたに違いない。

 

 

 

 

 

 

留学先で、決意を固めて、帰国後、

 

 

 

 

 

 

東日本大震災が起きた。

 

 

 

 

 

 

そこから、自分の課題に向き合い始めた。

 

 

 

 

 

 

何が言いたいのかというと、

 

 

 

 

 

 

日本で、日本人として、生きていくと決めたからには、

 

 

 

 

 

 

日本文化を守りたい、知りたい、体験したいという気持ちが芽生えたのではないか。

 

 

 

 

 

 

無意識的にも、日本という概念を、広く、深く、自分自身に溶け込ませていきたい。

 

 

 

 

 

 

そして、留学するくらいに、西洋文化に興味を持っていたのだから、それらの二元のバランスを大切にしていきたい。

 

 

 

 

 

 

過去を知り、

 

 

 

 

 

 

未来を守り、

 

 

 

 

 

 

現在を体験する、

 

 

 

 

 

 

そういう日本人の一人でありたい。