読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shin-Shiaとしての自叙伝

自分の気持ちを綴ります。

悟るとは?

※少し内容が怖いです。

 

 

 

 

 

 

 

悟るとは、

 

 

 

 

 

 

さとる

 

 

 

 

 

 

さをとる

 

 

 

 

 

 

さの次は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悟りの体験とは、死の体験かもしれない。

 

 

 

 

 

 

仏教をつくった、ブッダも、修行をして、死を体験したのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

ただ、自分は、悟った、悟っている、悟れていると、語る人は、悟れていない可能性が高いかもしれない。

 

 

 

 

 

 

なぜなら、悟るとは、死、そのもので、

 

 

 

 

 

 

口に出すのも怖ろしいものだったりするのだから、

 

 

 

 

 

 

軽々しく、口には、出せないのかなとも思う。

 

 

 

 

 

 

悟りとは、圧倒的な主観的体感なのだから、

 

 

 

 

 

 

誰も確証は、とれないのだけれども。

 

 

 

 

 

 

そうではないか、そうではないのではないかといった推測に過ぎない。

 

 

 

 

 

 

ただ、もし、ブッダのように、悟れている人が、この世にいるとしたら、

 

 

 

 

 

 

公には、表社会には、出てこないだろうなとも、思える。

 

 

 

 

 

 

自分は、そのような体験は、したことがないからわからないが。