読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shin-Shiaとしての自叙伝

自分の気持ちを綴ります。

仕事を通して、個を大事にしてきているとわかる。

職歴を見てみると、徐々に集団から個別で出来る仕事に移行してきているとわかる。

 

 

 

 

 

 

最初は、学校みたいに集団で活動していた。

 

 

 

 

 

 

次に、それよりも少ないユニットでの活動をしてきた。

 

 

 

 

 

 

その次は、以前と同じような感じ。

 

 

 

 

 

 

そして、現在は、一人で、黙々と出来る仕事をしている。

 

 

 

 

 

 

無意識かもしれないが、こうして、集団から個別の仕事に移行してきている。

 

 

 

 

 

 

どうも、組織に属しているより、個でいた方が楽みたいである。

 

 

 

 

 

 

 

そして、もっと、個を尊重しようとするとなると、

 

 

 

 

 

 

僧侶か、独立して心理療法家になるといった選択肢になる。

 

 

 

 

 

 

前回ででも、話はしたが、現在、このような考え方でいる。

 

 

 

 

 

 

どっちの方向性で行くかは、今後の人生の流れに身を任せようと思う。