読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shin-Shiaとしての自叙伝

自分の気持ちを綴ります。

心理療法としての仏教を読んで

心理療法仏教を統合して、将来的に活動してみたいと思っていたが、

 

 

 

 

 

 

まずは、現在の、仏教を知る必要がある。

 

 

 

 

 

 

ただし、心理療法については、信頼できる心理療法家がいたり、本から学べば良いとは思うが、

 

 

 

 

 

 

仏教を知る、、、

 

 

 

 

 

 

となると、仏教の師を見つけなければならないのかな?

 

 

 

 

 

 

禅病を治したとされる、白隠禅師かな?

 

 

 

 

 

 

と考えると、臨済宗を焦点に考えてみるか?

 

 

 

 

 

 

ただ、出家には、リスクがあり、

 

 

 

 

 

 

出家して、僧侶になれれば、後戻りは、考えてはいけないのかなと。

 

 

 

 

 

 

僧侶しながら、心理療法家は、難しいのかな?

 

 

 

 

 

 

そもそも、なぜ、ここまで、統合に拘る?

 

 

 

 

 

 

精神科医心理療法家との統合も考えていたし。

 

 

 

 

 

 

何か根本的、心理的にあるのか、

 

 

 

 

 

 

ただ、二足の草鞋を履いて、安心したいだけなのか?

 

 

 

 

 

 

それは、さておき、もう少し、仏教について、知識を深める必要があると、考えられる。

 

 

 

 

 

 

その辺は、読む時間は、かかるが、

 

 

 

 

 

 

じっくりと、考えていきたいと思う。