読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shin-Shiaとしての自叙伝

自分の気持ちを綴ります。

僧侶とカウンセラー

精神科医になりたいと思った時もあった。

 

 

 

 

 

 

でも、結局、精神科医は、薬を処方して、患者を、社会生活を安定させることであって、根本的な解決はできない。

 

 

 

 

 

 

でも、医者って人を救えるからかっこいいよな〜って、単純に思ってしまう時がある。

 

 

 

 

 

 

でも、実際に、僕もそうだけど、薬を飲まないで、生活したい!

 

 

 

 

 

 

っていうのが、本音であって、

 

 

 

 

 

 

それが、できるのが、心理療法家ではないのかなって、思い至った。

 

 

 

 

 

 

僕には、地震に対するトラウマがある。

 

 

 

 

 

 

また、地球にいる限り、地震は、起きる。

 

 

 

 

 

 

また、苦しんだり、傷付いたりする人達が、出てくる。

 

 

 

 

 

 

直接的にも、間接的にも。

 

 

 

 

 

 

ただ、被災直後に、心理療法家が、被災地に行くのは、どうなんだろう。

 

 

 

 

 

 

心を癒したいと願う心理カウンセラーなら、たくさんいるし、直接行って、癒してあげたいと思うだろう。

 

 

 

 

 

 

ただ、セラピーを万全に行える環境が整えられているとは、考えづらい。

 

 

 

 

 

 

また、セラピストのレベルもまちまちで、

 

 

 

 

 

 

実際に、報道陣お断り。

 

 

 

 

 

 

といった風に、カウンセラーお断り。

 

 

 

 

 

 

という風潮になるらしい。

 

 

 

 

 

 

心理カウンセラーは、あくまでも、受け身なのかなと。

 

 

 

 

 

 

能動的にも、被災者の為に、人の為に、なりたい!

 

 

 

 

 

 

それは、自分の中では、僧侶なのかなと。

 

 

 

 

 

 

受が、心理療法家。

 

 

 

 

 

 

能が、僧侶。

 

 

 

 

 

 

受動と能動の二元を一元にするには、

 

 

 

 

 

 

単純に、僧侶と心理カウンセラーになれば良いかなと思う。

 

 

 

 

 

 

自分の中の、統合かなと。

 

 

 

 

 

 

そんな夢が、僕には、ある。

 

 

 

 

 

 

それが、一条のひかり。