読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shin-Shiaとしての自叙伝

自分の気持ちを綴ります。

自分

自分の方向性がわからない。

 

 

 

 

 

 

過去と未来を読めなくなったら、そこには、何が残るのだろう。

 

 

 

 

 

 

今を生きるという感情が芽生えるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

それすらも、わからない。

 

 

 

 

 

 

恋愛も、仕事も、自分も、家族も、わからない。

 

 

 

 

 

 

ただ、希望は、持っている。

 

 

 

 

 

 

それは、今、生きて、存在しているということ。

 

 

 

 

 

 

自分から発せられる言葉を読んでくれる人達が、いるということ。

 

 

 

 

 

 

親切にしてくれる人達がいるということ。

 

 

 

 

 

 

自分の周りに、ただ、居てくれている人達がいるということ。

 

 

 

 

 

 

そういうことに、感謝。

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

話は、変わりまして、

 

 

 

 

 

 

ある女性に恋愛相談をしました。

 

 

 

 

 

 

勇気がいりましたが、自分の集大成を伝えられたかなと思っています。

 

 

 

 

 

 

楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

皆様にとって、今日も明日も、これからも、素晴らしい一日を送れますように。