読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shin-Shiaとしての自叙伝

自分の気持ちを綴ります。

HSPに優しいコミュニティーを作りたい。

なにかこう、HSPにとって、生きやすい社会を作りたい。

 

 

 

 

 

 

HSPうんぬんかんぬんでもなく、弱い立場の人達にとって、生きやすい社会を作りたい。

 

 

 

 

 

 

それは、政治というやつなのだろうか?

 

 

 

 

 

 

今の日本社会は、生きづらい。

 

 

 

 

 

 

日本で、生きていくと決めた僕は、

 

 

 

 

 

 

日本をより良くしたいと、自主的に思えてきた。

 

 

 

 

 

 

障がい者や、子ども、女性、高齢者にとって、住みやすい国に変えたい。

 

 

 

 

 

 

と、感情的になっている今、

 

 

 

 

 

 

本気で、何かを変えたいと心の底から、願う今、

 

 

 

 

 

 

自分に出来ることとは?

 

 

 

 

 

 

自分にしか出来ないこととは?

 

 

 

 

 

 

自分が、本気でしたいこととは?

 

 

 

 

 

 

自問自答していきたい。

怒りを感じない人は趣味を持たないのではないか?

ふと思った。

 

 

 

 

 

 

自分って、怒らない。

 

 

 

 

 

 

イライラもしない。

 

 

 

 

 

 

深い落ち込みもない。

 

 

 

 

 

 

一人でいると、普通に安定感があるのだが、

 

 

 

 

 

 

人と一緒にいると、影響を受けてしまっているように思える。

 

 

 

 

 

 

エンパスの類かもしれない。

 

 

 

 

 

 

エンパスにも色々な種類がある。

 

 

 

 

 

 

最近、感じる部分でいうと、感情系のエンパスだ。

 

 

 

 

 

 

人の感情をもろに、ダイレクトに受け取ってしまう人のことである。

 

 

 

 

 

 

最近、趣味であった映画、アニメ、漫画等に関心がなくなった。

 

 

 

 

 

 

音楽に関しても、クラシックしか聴かなくなった。

 

 

 

 

 

 

自分の中で、何かが変化したようだ。

 

 

 

 

 

 

しかし、自己否定感や、自己卑下など、

 

 

 

 

 

 

ネガティブ思考は、これといって、ない。

 

 

 

 

 

 

良い意味で、怒りを感じない。

 

 

 

 

 

 

ただ、怒りを感じている人が近くにいると、ただ動揺してしまう。

 

 

 

 

 

 

これも、HSPの類かなと思う。

 

 

 

 

 

 

結局、何が言いたいのかというと、

 

 

 

 

 

 

生きづらいな〜と、単純に思ってしまう今日この頃で、

 

 

 

 

 

 

自分には、やはり、個が向いているように感じる。

悟るとは?

※少し内容が怖いです。

 

 

 

 

 

 

 

悟るとは、

 

 

 

 

 

 

さとる

 

 

 

 

 

 

さをとる

 

 

 

 

 

 

さの次は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悟りの体験とは、死の体験かもしれない。

 

 

 

 

 

 

仏教をつくった、ブッダも、修行をして、死を体験したのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

ただ、自分は、悟った、悟っている、悟れていると、語る人は、悟れていない可能性が高いかもしれない。

 

 

 

 

 

 

なぜなら、悟るとは、死、そのもので、

 

 

 

 

 

 

口に出すのも怖ろしいものだったりするのだから、

 

 

 

 

 

 

軽々しく、口には、出せないのかなとも思う。

 

 

 

 

 

 

悟りとは、圧倒的な主観的体感なのだから、

 

 

 

 

 

 

誰も確証は、とれないのだけれども。

 

 

 

 

 

 

そうではないか、そうではないのではないかといった推測に過ぎない。

 

 

 

 

 

 

ただ、もし、ブッダのように、悟れている人が、この世にいるとしたら、

 

 

 

 

 

 

公には、表社会には、出てこないだろうなとも、思える。

 

 

 

 

 

 

自分は、そのような体験は、したことがないからわからないが。

HSPの人は、比較的疲れやすい身体なのかもしれない。

自分は、HSPだと思っている。

 

 

 

 

 

 

HSPとは、Highly Sensitive Personの略ではあるが、

 

 

 

 

 

 

 

簡単に言うと、感受性が高い人だとか、敏感な人などと日本語訳では言うのかなと、僕個人的に思う。

 

 

 

 

 

 

HSPは、情報を受け取る量が多いようで、

 

 

 

 

 

 

僕の主観的な感覚で言うと、すぐに疲れてしまうといった印象がある。

 

 

 

 

 

 

他人からは、体力がないと、思われているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

自分の感情や感覚がわかってくると、

 

 

 

 

 

 

今の仕事が、自分に合っているのかと疑問に思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

今は、自分の感情、感覚を一番、大事にしていきたいと思っている。

 

 

 

 

 

 

そうなら、勤務後に感じている、この倦怠感は、何なのだろう。

 

 

 

 

 

 

休日も睡眠時間を長くとっても、一日間働くだけで、疲労困ぱいしてしまうのは、なぜだろう?

 

 

 

 

 

 

 何も、会社が悪いと言っているのではない。

 

 

 

 

 

 

ただ、自分は、楽しんで、仕事が出来ているのだろうか?

 

 

 

 

 

 

そう考えた時に、疑問が残る。

 

 

 

 

 

 

自分に合った仕事は、他にあるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

もっとこう、なりたい仕事が一番ではなく、

 

 

 

 

 

 

どんな仕事が、一番、自分にとって、幸せな職業なのかと問われると、

 

 

 

 

 

 

幸せ=笑顔(自分の感情•感覚)であるなら、

 

 

 

 

 

 

仕事で何をしている時に、笑顔になれるのか?

 

 

 

 

 

 

自分は、仕事中に笑顔になれているのかと問われれば、笑顔になれていないと断言できる。

 

 

 

 

 

 

自分が笑顔になれるには、

 

 

 

 

 

 

自分自身が自発的に、笑顔になれるのは、難しいのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

もし、そう仮定するなら、他の影響を受ける必要がある。

 

 

 

 

 

 

その影響は、逆に、人や動物の笑顔を見られれば、自分も笑顔になれると、線形的に考えられる。

 

 

 

 

 

 

そう考えると、最も笑顔になれる人や動物とは、

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんや子どもなのかなと思う。

 

 

 

 

 

 

そう考えると、自然とみえてくる。

 

 

 

 

 

 

人は、大人になると、笑顔の量が少なくなると聞いたことがある。

 

 

 

 

 

 

笑顔になれる仕事、

 

 

 

 

 

 

それは、僧侶ではなく、心理療法家でもないのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

子ども相手の職業なのかもしれない。

仕事を通して、個を大事にしてきているとわかる。

職歴を見てみると、徐々に集団から個別で出来る仕事に移行してきているとわかる。

 

 

 

 

 

 

最初は、学校みたいに集団で活動していた。

 

 

 

 

 

 

次に、それよりも少ないユニットでの活動をしてきた。

 

 

 

 

 

 

その次は、以前と同じような感じ。

 

 

 

 

 

 

そして、現在は、一人で、黙々と出来る仕事をしている。

 

 

 

 

 

 

無意識かもしれないが、こうして、集団から個別の仕事に移行してきている。

 

 

 

 

 

 

どうも、組織に属しているより、個でいた方が楽みたいである。

 

 

 

 

 

 

 

そして、もっと、個を尊重しようとするとなると、

 

 

 

 

 

 

僧侶か、独立して心理療法家になるといった選択肢になる。

 

 

 

 

 

 

前回ででも、話はしたが、現在、このような考え方でいる。

 

 

 

 

 

 

どっちの方向性で行くかは、今後の人生の流れに身を任せようと思う。

疲れ過ぎと、本を読まないことにより、頭が回らない。

というように、最近、思考が停止している。

 

 

 

 

 

 

 

考えが浮かんでこない。

 

 

 

 

 

 

活字を読まなくなったからかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

むしろ、活字を読まないようにしていると言った方が正しいような気がする。

 

 

 

 

 

 

読書をし過ぎると、観念に囚われてしまうといったことが起きることもあるのだそう。

 

 

 

 

 

 

でも、休みの時くらいは、いっぱい読みたいな。

 

 

 

 

 

 

てか、100回読もうとチャレンジしている本がある。

 

 

 

 

 

 

それは、"7つの習慣"という本だ。

 

 

 

 

 

 

この本は、僕にとってのOSであると思っている。

 

 

 

 

 

 

考えがまとまらない時、大体、この本が考えの基盤になっている。

 

 

 

 

 

 

 

この本の概念を大切にしていきたい。

上下関係から、抜け出すためには、どうするか?

上下関係から、抜け出すには、組織から抜ける必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

所属するのももういいかな。

 

 

 

 

 

 

 

個を大切にしたい。

 

 

 

 

 

 

社会から孤立したい。

 

 

 

 

 

 

そう考えると、いつも、独立して心理療法家になるか、僧侶になるかという考え方に至る。

 

 

 

 

 

 

下になるのも上になるのももういいかな。

 

 

 

 

 

 

人は、横の関係性の方がいいな。

 

 

 

 

 

 

 

といった、客観性を持っていて、主観的な人が必ずいる組織の中にいると、揺れ動くような気がする。

 

 

 

 

 

 

自分自身が正しいみたいな。

 

 

 

 

 

 

理念は、素晴らしいのにそれを、継承する人達の理解力がないと、上手く伝承できない風に思える。

 

 

 

 

 

 

 

そういった、考え方に至ってもなお、社会と関わりを持ちたいと思っている。

 

 

 

 

 

 

精神的側面から社会•情緒的側面に移行しかかっているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

今まで、肉体的側面→知性的側面→精神的側面と移行してきたと思う。

 

 

 

 

 

 

部活→勉強→心理学といった具合に。

 

 

 

 

 

 

今は、社会人として、社会というものを体感している。

 

 

 

 

 

 

何事にも自立した理想的な自分を極めたい。

 

 

 

 

 

 

これは完璧主義ではなくて、完全主義だと思っている。

 

 

 

 

 

 

完璧を求めると、自分が正しいと思ってしまうからだ。

 

 

 

 

 

 

完全主義とは、その逆で、客観性を大事にしていることだと自分の中では思っている。

 

 

 

 

 

 

正しいとか、間違っているとか、二元的に考えたいとは、もう、思えない。

 

 

 

 

 

 

愛といった一元性に溢れた人生を送りたい。

 

 

 

 

 

 

明日もみなさんにとって、素晴らしい一日になりますように。